シニアブログ

「シニアブログ」の最新情報をご紹介します。

おすすめのスポーツ「ゲートボール」/ホームメイト・シニア

2012年4月26日(木)

こんにちは。

ホームメイト名古屋オフィスのS・Aです。

皆さん運動はしていますか?
春になり、暖かくなってきて体を動かしたくなってきた方も多いと思います。

今までシニアブログでも健康や、運動方法などについて色々とご紹介しておりますが、今回は高齢者の方におすすめのスポーツ「ゲートボール」についてご紹介させて頂きます。

ゲートボール」は日本発祥のスポーツ絵文字:14です。
元々は太平洋戦争後の物資不足で遊び道具のない子供のため、また子供の不良化防止のために作られたと言われ、高度経済成長期には高齢者向けスポーツとして爆発的に流行しました。

高齢者スポーツのイメージが強い「ゲートボール」ですが、ジュニア世代やミドル世代の愛好者数をみると、10歳〜14歳が16万人、15歳〜19歳が3万人、20代、30代がそれぞれ7万人となっていて、幅広い年代層の方が楽しんでいることがわかります。

ゲートボール」は健康に対する良い効果も出ています。
一般にゲートボールは、30分の競技時間内で平均700歩は歩くと言われていますので、無理のない健康によい運動となります。
ある調査ではゲートボールをはじめて1年目で20〜30%の人が「腰痛」「肩こり」が減ったそうです。また、定期的に外に出て多くの仲間や友人とふれ合うことで、「家庭の雰囲気が明るくなった絵文字:31」、「人間関係の向上や仲間づくりに役立っている絵文字:31」といった声が多く聞かれるとのことです。

いずれにせよ、コツコツと適度な運動量が得られますので健康維持には最適です。
さらに、多様な作戦を駆使し、その場の的確な判断が必要なスポーツなので、戦略性に富み、精神面での若さを維持・向上することができます。

私も小学生の頃、祖父に連れられて地元の高齢者の方々と一緒にゲートボールをした経験があります。
あの頃はルールもよく知らず、ただ優しいおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にボールを打つことを楽しんでいた思い出があります。
健康に良いだけでなく、老若男女問わず地域の皆さんで楽しめるすばらしいスポーツなのだなと改めて感じました。

ゲートボールを行なっている光景を、皆さんのご近所でも目にすることがあるかと思います。
実は、ゲートボール場はテニス場より多く、運動施設のなかでは最も数が多いのです。

一度興味を持って見学してみるのもいいかもしれませんね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ホームメイト 名古屋オフィス 〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-1-33
絵文字:35 052-232-8006 絵文字:29 052-232-8056 http://www.homemate-s.com *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

健康なシニアライフを過ごす為に/ホームメイト・シニア

2012年4月19日(木)

皆さん、こんにちは。

ホームメイト大阪オフィスのY.Iです絵文字:139

健康なシニアライフを過ごすためには、心も身体も若く保つことが大切です。

そのためには、老化防止を心がけることが重要です。老化防止は「アンチエイジング」とも言われます。

「アンチエイジング」とは「抗老化」という意味で、老化防止とは、少しニュアンスが違うような気もしますが、同じ意味で使われることが多いです。

【老化を防ぐことはできないが、遅らせることができる絵文字:31

私たちが、老化を感じる見た目の変化では、顔のしわ、たるみ、シミ、白髪や薄毛(ボリュームがなくなる)、老眼、などが気になります。

物忘れが増えることも老化を強く感じます。
また、物のしまい忘れや、人の名前や花の名前など、知っているはずなのに、なかなか出てこない・・・。これらの老化現象は、50歳くらいから誰にでも目立ってくることだと思います。

白髪は、染めることで見た目を戻すことができます。
顔の変化についても、同世代の友人も同様の変化をしていることを見れば安心します。
老眼や歯などの不都合なことは、老眼鏡や歯科通院でカバーできます。

しかし、この他に身体的にも内臓器官にも自然と老化絵文字:237がやってきます。
それは、避けて通れないことです。
それでも、100歳以上の人が4万人を突破し、平均寿命が男性で80歳くらい、女性では86歳になっている現代では、充実したシニアライフを過ごすため老化を少しでも遅らせる努力、老化防止が必要になっています。

老化防止をしている人としていない人とでは、年を重ねるごとに老化の程度に差が出ていることを実感します。

そこで老化をなるべく遅らせながら暮らすこと、つまり老化防止について改めて考えていきたいと思います。

今回は脳の老化防止についてお話してみようと思います。
脳の老化を一番実感し始めるのが度忘れ絵文字:179であり、これが頻繁になることで本当に不安になります。

以前読んだ文献によると、度忘れは、ゆっくり時間をかけて思い出す努力をした方が良いそうです。

脳の働きは外部からの刺激を受けて、検討し反応することなので、読書するだけでは不十分で、その内容を人に話したり、日記(ブログ)絵文字:20を書いたりすることが大切だということです。

読書に限らず、テレビを見ていても、誰かに話をしようと意識してみていれば、自ずと脳の老化防止になるというわけです。

絵文字:14脳の老化防止に大切なことを上げてみました。

  • ● 脳機能を安定させるためには基本的な生活習慣が大事(意識して手、足、口を動かそう・・散歩、音読、ガーデニングなど)少しずつ変えて刺激を与えましょう。
  • ● 適度な緊張感を持って生活しましょう。
  • ● 睡眠が大切です。
    睡眠中に脳が思考の整理を行ないますのでしっかり睡眠しましょう。
  • ● 脳を鍛えるのに重要なのは、前頭葉の力を高めることです。
    好きな音楽を聴いたり、読書をしたり、好きな趣味や娯楽を行なって前頭葉に刺激を与えましょう。
  • ● 脳の基礎体力は日常の雑用を面倒くさがらずにやることで養われる。
    片付けや料理などの家事を行ないましょう。
  • ● 脳のためにも適度な運動と、食事は腹八分目を心がけましょう。

意識して日々の生活を行なうことにより老化防止や脳の活性化に繋がりますので、今日から始めてみてはいかがでしょうか。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ホームメイト 大阪オフィス 〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-3-8 住金興産新大阪ビル8F
絵文字:35 06-6889-1500 絵文字:29 06-6889-1550 http://www.homemate-s.com *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

正しいお風呂の入り方①/ホームメイト・シニア

2012年4月13日(金)

皆さん、こんにちは。

仙台オフィスのと申します絵文字:笑顔

前回、ストレッチ体操はお風呂上りに…(健康的な生活習慣を作りましょう。)と書きましたが皆さんは正しい入浴ができていますか?

1日の疲れを癒すはずが、入浴中に亡くなる人は少なくありません。

厚生労働省の調査によると、日本の入浴中の死亡者数は年間約3,400人にのぼります(平成18年「人口動態統計年報」)。

その大半が65歳以上のご高齢者で、その数は同年の交通事故死者数の2倍以上も多いと報告されています。

入浴中に死亡する人の割合が、世界で最も多いと言われている日本。では一体なぜ日本は入浴中の死亡率が高いのでしょう。その主な理由として以下の3つがあげられます。

1:脱衣所・浴室が寒い

入浴中の死亡事故は冬絵文字:49に多発します。それは家の中の温度差が激しい絵文字:50からです。

血圧は温度により変動します。暖かい部屋から寒い脱衣所に行き、熱いお風呂に入ると血管が弱くなっている高齢者や高血圧の人は急激に血圧が上下するため、脳出血を起こす危険があります。

また、一時的に血圧が上昇し血管が膨張することで血行がよくなった後、血圧が低下することによって虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)も起こりやすくなるので注意絵文字:224が必要です。

2:日本の浴槽は深くて、心臓に負担がかかる

日本では深い浴槽にお湯をはって、首までつかる人が少なくありません。

実は心臓の位置が水面から深いところにあればあるほど水圧が高くなるため、深い浴槽に首までつかると心臓への負担絵文字:175が大きくなりお湯につかった状態ではないときに比べ、呼吸にかかる仕事量が60%増加しなければ、同じ呼吸動作ができないと言われています。

3:熱いお風呂に好んで入ることが多い

日本のお風呂は「熱い」というのも問題です。43℃以上の熱いお風呂に入ると血圧が一気に上がります。

総末梢抵抗(そうまっしょうていこう:血管の中の抵抗、これが上昇すると血圧は上昇する)は上昇し、心収縮力と心拍数が上昇することで血液が送り出される量が増加するために、血圧が急上昇します。

お風呂の中での突然死や、事故絵文字:153の原因となる場合があるので特に注意が必要です。

ではどの様に予防していくか、次回更新時に説明させて頂きます。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ホームメイト 仙台オフィス
〒981-1105
宮城県仙台市太白区西中田3-22-11 エトワール南仙台1F
絵文字:35 022-741-8005
絵文字:29 022-741-8010
http://www.homemate-s.com
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

高齢者向け施設見学・体験入居のポイント/ホームメイト・シニア

2012年4月6日(金)

ご覧頂きまして誠にありがとうございます。

名古屋オフィスのH・Tと申します絵文字:笑顔

先のブログ「高齢者施設の選び方」で、高齢者向け施設を選ぶ上で『施設入居までの流れ』を抑えることが重要、という話がありました。

その『施設入居までの流れ』において、具体的に施設を選ぶ上で重要なのが、実際にその施設へ行って確認する「施設見学・体験入居」です。

入居後に困らないためにも、入居前に気になる点をひとつひとつ確認し、不安や疑問を解消することが大切です。

その際、気をつけておきたいことは、「施設見学・体験入居」でその場の雰囲気に流されてしまい、肝心の必要項目を確認漏れしてしまう場合がある、ということです。

そこで、ホームメイト・シニアでは、高齢者向け施設「施設見学・体験入居チェックシート」をご用意致しております。下記からそのチェックシートを表示・印刷できますので、「施設見学・体験入居」の際に是非ご活用下さい!

絵文字:13施設見学・体験入居チェックシート


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ホームメイト 名古屋オフィス
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-1-33
絵文字:35 052-232-8006
絵文字:29 052-232-8056
http://www.homemate-s.com
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  • 前へ
  • シニアブログ トップページに戻る
  • 次へ

ホームメイト・シニアのシニアブログでは、シニア世代の暮らしや生き方に役立つ情報を発信しています。

シニアブログは、老人ホームやグループホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などの施設運営スタッフと、シニアブログスタッフによって更新中。施設運営スタッフによるブログでは、施設でのイベントや日々の出来事などが綴られています。

施設の空き状況の情報もありますので、入居を検討されているシニアの方やそのご家族には、施設の雰囲気を良くご理解頂くための参考になります。

また、シニアブログスタッフによるブログでは、施設運営スタッフとは異なる視点からシニア向け施設を紹介したり、健康や食事などシニア世代の方が気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひシニアブログをご愛読下さい!