介護関連ニュース

SIB本格導入へ ヘルスケア領域で活用期待[2月16日]

糖尿病性腎症 重度化予防で医療費削減

民間資金を活用した成果連動型の民間委託事業、ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)の本格導入が、2017年度から一部自治体で始まりそうだ。

ヘルスケア領域との相性が良く、糖尿病の重症化予防プログラムなどから導入される見込み。

政府は、本当に成果が出るかわからないけれど、成功すれば行政コストが削減できる。

そんな革新的なサービスにチャンスを与える新しい手法として普及させたい考えだ。

(提供:シルバー新報

前の記事へバックナンバーへ次の記事へ

【老人ホーム等を探す】

関東

関西

北海道・東北

北陸・甲信越

東海

中国

四国

九州・沖縄

注目ワード