介護関連ニュース

介護予防をアジアに輸出 官民連携で協議会創設[2月16日]

問われる日本的介護の実力

日本の医療・リハビリ・介護をアジアへ輸出する官民連携の協議会が9日、創設された。

急速に高齢化するアジア地域で、日本の介護保険制度や地域包括ケアシステムなどの仕組みを提案・普及させる。

同時に、現地の高齢者ケアを担う民間介護事業者の海外進出も支援するという。

多職種が連携して介護予防や自立支援などに取り組む日本的な介護サービスの付加価値をわかりやすく訴求できる共通の評価軸を作る考えだ。

(提供:シルバー新報

前の記事へバックナンバーへ次の記事へ

【老人ホーム等を探す】

関東

関西

北海道・東北

北陸・甲信越

東海

中国

四国

九州・沖縄

注目ワード