介護関連ニュース

PTも量から質の時代へ 日本理学療法学術大会[5月18日]

多職種協働で生活を変えるリハを 教育・意識改革も必要

日本理学療法士協会(半田一登会長)が主催する第52回日本理学療法学術大会が12日から3日間、千葉県の幕張メッセで開催された。

リハビリニーズの拡大とともに養成数がうなぎ上りだったPTだが、供給過剰の時代が見え始めてきた。

初日のシンポジウムでは、地域に目を向け、多職種協働で生活を変える臨床力を持ったPTへの転換を求める声が上がった。

(提供:シルバー新報

前の記事へバックナンバーへ次の記事へ

【老人ホーム等を探す】

関東

関西

北海道・東北

北陸・甲信越

東海

中国

四国

九州・沖縄

注目ワード