介護関連ニュース

対象者選びに苦心 備品一式の手配を都に要望[11月10日]

貸付建替の村山苑

老朽化した特養ホームの建て替えを促進するため、東京都が清瀬市に建設中の代替施設を貸し出す新事業。

最初の借り受け法人となった村山苑(東村山市、品川卓正理事長)は、2019年4月の引っ越しに向けた準備を始めた。

カーテンやベッドなどの家具一式は法人側が準備することになっているが、従来型の特養ホームで使っていた備品がユニット型の代替施設でも使えるかどうかわからない。

わずか2年の仮住まいのために新品を揃えるわけにもいかず、都と協議を重ねながら解決策を探っているという。

前例がないため、課題は多そうだ。

(提供:シルバー新報

前の記事へバックナンバーへ次の記事へ

【老人ホーム等を探す】

関東

関西

北海道・東北

北陸・甲信越

東海

中国

四国

九州・沖縄

注目ワード