老人ホームならホームメイト・シニア

ホームメイト・シニア

全国の高齢者向け賃貸マンション・有料老人ホームを無料で検索「ホームメイト・シニア」!

住宅型有料老人ホーム

有料老人ホームは、介護の必要度に応じて、「①介護付有料老人ホーム」「②住宅型有料老人ホーム」「③健康型有料老人ホーム」の大きく3つに分かれます。ここでは、そのうち「②住宅型有料老人ホーム」について紹介していきます。

住宅型有料老人ホームの解説

住宅型有料老人ホームとは?
住宅型有料老人ホームとは?
自立した健康な方、要介護度が比較的軽度(「要支援1・2」、「要介護1・2」)な高齢者向けの居住施設です。住宅型有料老人ホームは「特定施設入居者生活保護」の指定を受けていないことから、施設自体では、介護サービスは提供されません。介護を行ないやすい空間(住宅)を提供している施設と考えると理解しやすいでしょう。介護が必要になった場合には、個人で居宅介護サービス等の契約を結び、利用することで住み続けることができます。
住宅型有料老人ホームの入居要件
「住宅型有料老人ホーム」は、要支援や要介護の認定を受けていないことを基準としている施設と、すでに要介護認定を受けていても入居できる施設とがあります。入居時点で介護が不要であれば「健康型有料老人ホーム」と迷うことになると思いますが、「住宅型有料老人ホーム」は介護が必要になった場合に、介護サービスを受けられることが前提の施設であるため、要介護に認定されてからの生活も考えて、どちらが良いのかを考えましょう。
介護付有料老人ホームとの違い
介護付有料老人ホームとの違い
「住宅型有料老人ホーム」でも、個人で契約することで介護サービスを受けられることから、一見すると「介護付有料老人ホーム」と区別がつきにくいですが、「住宅型有料老人ホーム」は、「介護付き」・「ケア付き」を謳うことができません。大きな違いとしては、基本的には入居者様自身が好む介護業者を選択し契約を結ぶことにあります。しかし、ホームによっては同じ施設内、もしくは近隣に委託先の介護業者を置いており、ホームと介護業者が提携しているケースがあります。こうした場合は、ホームが提携している介護業者以外とは契約しづらいことがありますので、契約の自由度についてもしっかり確認しておきましょう。
住宅型有料老人ホームのメリット
「住宅型有料老人ホーム」のメリットとしては、介護が必要となった場合に、本人の希望や状態に合わせて、介護サービスを契約することができます。
住宅型有料老人ホームのデメリット
住宅型有料老人ホームのデメリット
「住宅型有料老人ホーム」のデメリットは以下の通りです。
  • 介護スタッフが常駐していないため、臨機応変な対応が難しいこと
  • 受けるサービスが居宅介護サービスとなることから要介護度が高くなる程、自己負担額が介護付有料老人ホームよりも割高になってしまうこと
  • ホームが提携している介護業者以外と契約がしづらい場合があること
選び方のポイント
「住宅型有料老人ホーム」に入居される方は、入居時に自立している方も多いため、「生活を楽しめる施設か」と言う視点で施設選びをすることはもちろんのこと、介護が必要となった場合に選択できる介護サービス内容の充実度を考慮するのがポイントです。
1 入居予定者と家族が一緒に行く
「住宅型有料老人ホーム」を見学する際は、施設に入居予定の本人がその施設を気に入るか、気に入らないかが、最も重要なことです。入居者様本人の目線で施設を見ると、家族とは違った視点で見るため、家族では気付かなかった点についても考えることができます。いくつかの施設を比較・検討するのであれば、検討する項目は多いほうが、結果として満足できる選択につながります。また、一人で見学に行くよりも複数人で見学に行ったほうが気付くことも多いでしょう。複数の施設を、複数回見に行くこともお勧めです。
一度の見学だけでは気付けないこともありますし、別の施設を見たあとで再び見学することで、新たに検討する項目をチェックすることもできます。時間帯や季節、天候によっても雰囲気は違いますから、できるだけ異なる状況の見学を重ねる方が良いでしょう。
2 他の事業者へ依頼しやすいか
「住宅型有料老人ホーム」は、介護が必要になった場合、外部の介護サービスを受けられるメリットがあります。ただ、施設によっては、経営効率を高めるために、施設を運営している事業者と介護業者が提携しているケースがあります。そうした場合、その介護業者以外に介護サービスを依頼しにくい雰囲気の施設もあります。どれだけ契約に対する自由度があるかなども確認しておきましょう。
見学時のチェックポイント
見学時のチェックポイント
「生活する」と言う視点から施設を見るためには、一般的な住宅選びと同じようなチェックポイントもあります。見学に際しては、特に以下のような内容に注意して見学しましょう。
1 既存入居者様について知る
「住宅型有料老人ホーム」で新しい仲間づくりができるか、趣味を続けられるかを知るためには、同じ建物で暮らす入居者様がどのような人か、と言う点も重要です。特に一般の建物よりも共用スペースが多いため、他の入居者様の方と密接に関係することになります。他の入居者様や、施設の雰囲気が入居者様本人に合うかは事前にチェックしておくと良いでしょう。
もちろん、実際に生活してみないと分からないことは多いですが、見学時などにある程度のことは確認することができます。単身者はもちろん、夫婦で入居している方も多くいます。また男女比によっても、施設の雰囲気は変わってきます。入居者様本人がどのような仲間、雰囲気を求めているかを考え、それに近い施設を見つけると生活が豊かになるでしょう。
2 周辺環境
騒音がないか、不衛生な環境に建っていないかなど、施設の周辺環境のチェックは欠かせません。また、家族が通いやすいか、と言う点も考慮しましょう。特に「住宅型有料老人ホーム」に入居する方は、外出する機会もあります。交通機関が近くにあるか、施設周辺の道路は勾配や凸凹が無く、歩行や車椅子などでの移動が危険でないか等、外出のしやすい場所であるかと言う点を確認することもポイントになります。
3 医療機関
提携する医療機関が近くにあることも大切です。有料老人ホームでは医療行為が行なえないため、何かあった際は提携する医療機関で治療を受けることになります。距離だけでなく、その医療機関と頼れる医師の名前や評判、訪問診療の有無、医療ケアの範囲などもチェックしておきましょう。
4 食事の雰囲気
食事は毎日のことで、健康に過ごすためにも栄養バランスの取れたものでなければなりません。味付けなども口に合うか、ゆっくり落ち着いて自分のペースで食べられるかなど、入居者様のスタイルに合っているかを確認しましょう。食事が施設内で作られている場合は、メリットがたくさんあります。好きなものを注文して食べることができたり、好き嫌いをある程度考えてくれたりと、自由度が高くなる傾向にあります。
その他にも、食事に掛かる料金が、食べた分だけ支払う施設、食べても食べなくても一定額を支払わなければならない施設など、スタイルは様々です。食べ終わっていないのに時間がきたら料理を下げられてしまう施設もあります。スタッフがしっかり見守ってくれるか、丁寧に食べさせてくれるかなど、細かい部分もチェックしましょう。
5 居室空間
入居者様が最も長い時間を過ごすことになる居室が気に入らなければ、けっして満足できる生活を送ることはできません。車イスを使用した場合も想定した居室の広さであるか、日当たり、清潔さの他、トイレや洗面台などに必要な設備機能が揃っているか、ナースコールなどがきちんと設置されているか、テーブルやイスは入居者様に合うかなど、実際に生活することや将来のことを考えてチェックすることが大切です
6 共有施設
廊下やお風呂、リビングや食堂など、共有施設の広さや清潔さ、雰囲気もチェックしましょう。廊下であれば、車イスですれ違うことができるか、手すりはしっかりついており使いやすいか、といった点が重要です。お風呂については、一般的に、共同の大浴槽と入浴介助用の機械を使用する浴槽があります。入浴も毎日のことですので大切な要素です。入浴の回数、指定時間外に入浴できるかなど、入居者様の自由がどれくらいあるか、と言う点も過ごしやすさにつながります。
7 レクリエーションやゲストルーム
入居者様の楽しみのひとつに、他の入居者様と過ごす余暇の時間があります。足腰が弱くなると外出が難しくなりますから、施設内のレクリエーションの計画が充実しているかも重要なポイントです。趣味に合った内容であるか、参加は自由であるかなど、家族と入居者様本人が一緒にチェックしておきましょう。また、家族が宿泊できるゲストルームを設置している場合もあります。
ゲストルームが設置されていると、家族が遠くに暮らしている場合に訪れやすくなったり、急病のときなどに家族がそばで看病できるなどのメリットがあります。ゲストルームの設置の有無についても確認しておくと良いでしょう。
介護付有料老人ホームの費用
住宅型有料老人ホームの費用
住宅型においては有料老人ホームに掛かる「入居一時金」、「月額利用料」に加えて、介護サービスの「自己負担分」も予算に入れて考える必要があります。「住宅型有料老人ホーム」の場合、介護スタッフが常駐していない施設も多く、臨機応変な対応が難しい場合があります。また、要介護度が重度(「要介護度4・5」)となった場合、居宅介護サービスの形態をとっている「住宅型有料老人ホーム」では、自宅で介護サービスを利用するのと同じ利用料となるため「介護付有料老人ホーム」に入居している場合と比べて利用料が高く、介護保険の上限額(例えば要介護5の場合で約36万円:自己負担額3万6,000円)を超えてしまい自己負担額が高くなることがあります。
介護度が重度となった場合には住み続けるのが難しいため、要介護度が高くなった場合、「住宅型有料老人ホーム」に住み続けるのか、「介護付有料老人ホーム」に移るのかを考慮した上で費用についても考えましょう。
注目ワード