老人ホーム情報

介護付有料老人ホーム

有料老人ホームには介護サービスを提供している施設があり、これを「介護付有料老人ホーム」と呼んでいます。正確には、民間事業者によって運営され、居宅サービスのひとつである「特定施設入居者生活介護」の事業者指定を都道府県から受けた介護施設のことを指します。

介護サービスの充実度がポイントの介護付有料老人ホーム

介護サービスの充実度がポイントの介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームでは、食事や入浴、排泄といった生命にかかわる生活の介助から、衣類などの洗濯、部屋の掃除といった衛生面の保持、健康や体調管理といった医療サポートを含め、トータルに介護サービスを有料で受けることができます。原則65歳以上が対象となっており、認知症を患っている人や内臓疾患などで医療ケアが必要な人でも入居が可能です。また、公的な老人ホームとは異なり、要介護認定を受けていない健常者であっても入居可能な施設もあります。

介護スタッフが常駐しており、24時間体制で介護サービスを行なっている施設も多く、要介護1からでも入居できるという点から、有料老人ホームの中でも最もサービスの充実した施設のひとつということが言えます。

入居一時金に大きく差が出る介護付有料老人ホーム

入居一時金に大きく差が出る介護付有料老人ホーム

65歳以上なら誰でも入所でき、介護サービスも充実している分、料金が高くなりがちです。介護付有料老人ホームでは、入居時に必要な「入居一時金」と毎月支払う「月額利用料」の2つの費用が必要となり、立地条件や設備・サービスの充実度によって入居一時金はかなり差が出ます。施設によっては入居一時金が0円というところもあれば、高級な施設になれば、数千万円かかるというところもあり、その金額は様々です。これは、終身利用を原則としているため、長期にわたって施設を利用したり、サービスを受けるための「権利料」のようなものと考えると分かりやすいでしょう。入居一時金は期間に応じて償却されるため、償却期間内に途中で退去した場合には、未償却分は返金される制度となっています。

また、月額利用料は12万円~30万円程度が相場ですが、こちらも入居一時金と同様、設備、サービスが良いところは高くなるため、毎月無理なく入居できる金額を検討してみることが必要です。

安心して入居できる様々な設備

安心して入居できる様々な設備

介護付有料老人ホームでは、全館バリアフリーというのが当たり前で、寝たきりの高齢者でも入浴が可能な入浴装置が付いているところや、手すりや緊急警報装置などあらゆる「危険」に対応した設備が充実しているところがほとんどです。

そのため、入居する高齢者の方や家族の方も安心して任せられるという点は非常に魅力的だと言えます。その他にもレクリエーション活動や施設内でのサークル活動などもあり、誕生日会や小旅行などのイベントが行なわれるなど、入居者の人の寂しさや孤独感も感じることなく楽しく過ごせるよう様々な配慮がされています。

注目ワード