老人ホーム情報

グループホーム

グループホームとは、病気や障害を持つ人が専門家によるケアや治療を受けながら、ひとつの住宅や施設で共同生活を行なうための民間施設のことです。近年では、高齢者の認知症に特化した「認知症グループホーム」が増えてきました。

家庭介護の負担を軽減する認知症グループホーム

家庭介護の負担を軽減する認知症グループホーム

近年増えてきた「認知症グループホーム」ですが、認知症は画一的なケアを続けていると、ケア自体が生活の一部となり、自己を失っていく傾向があります。このため、認知症の人たちが5~9人程の少人数グループを形成し、食事の支度や掃除、洗濯などをスタッフとともに共同で行なうことで、認知症の進行を緩やかにさせ、家族に頼りがちな家庭介護の負担を軽減することを目的としています。認知症グループホームとその他の養老施設との違いは、個々の能力を引出し、普通の生活を営めるようになることを最優先として考えている点です。また、認知症グループホームは、認知症に詳しい専門のスタッフが常駐し、入居者の心身の安定をサポートしてくれますが、医療ケアは行なっていないため、慢性的な疾患を持つ人や重度の介護が必要な人は入所できない場合もあります。このため、入所を希望する場合は、実際に施設へ問合せてみましょう。

なお、入所する際には審査があり、認知症としての診断書や介護の必要性を示す書類の確認、また本人、及び家族の人等での面談が行なわれます。

グループホームの入所条件と費用について

グループホームの入所条件と費用について

グループホームに入所するには、医師の診断に基づく条件があります。その条件と費用を見てみましょう。

入居条件

原則として65歳以上が対象となります。医師の診断によって認知症と診断を受けた高齢者で、要支援2~要介護5までの介護度の人が条件となります。また、認知症グループホームは「認知症対応型老人共同生活援助事業」と呼ばれる地域密着型の事業であるため、施設と同じ市区町村に住民票がある人が入居の条件となります(越境入居などは原則的にできません)。

費用について

入居にあたっては入居時に必要な入居一時金と、毎月の月額利用料金が必要になります。入居一時金は各施設によって様々ですが、平均的には数十万円から100万円程が相場です。また、毎月の月額利用料は概ね有料老人ホームよりも低額とされていますが、毎月15~20万円程必要で、都市部になる程高くなる傾向にあります。

注目ワード