老人ホーム情報

軽費老人ホーム・ケアハウス

軽費老人ホーム、及びケアハウス(経費老人ホームC型)は、家庭での生活が困難な高齢者が、低料金で食事や日常生活のサポートを受けられる施設です。ケアハウス(経費老人ホームC型)は、軽費老人ホームよりも介護度が低い高齢者を受け入れる傾向にあります。

身寄りのない高齢者を救うための施設「経費老人ホーム・ケアハウス」

身寄りのない高齢者を救うための施設「経費老人ホーム・ケアハウス」

軽費老人ホームは、家庭や経済状況から自立した生活が困難な人に対して地方自治体が社会福祉法人、医療法人、株式会社に対して助成金を出して運営している老人ホームです。

「軽費老人ホーム」にはA型、B型、C型の3種類あり、3タイプとも、「60歳以上で身寄りのない人、家族と同居できない人」が入居対象となります。このうち、食事サービスの有無によってA型(食事あり)、B型(食事なし)に分けられ、基本的には健康で自立した生活を送れる人が対象となります。ただし、A型とB型については、世帯月収が34万円以上の方は入居できないことになっています。

また、C型は「ケアハウス」とも呼ばれ、介護が必要とまではいかないものの、日常生活を送るのがやや難しい人、具体的には、要介護よりも軽度な「要支援者」という認定をもらっている人たちが対象となります。C型の場合には、世帯月収の制限がありません。

軽費老人ホームとケアハウスでの医療ケアについては、必要最低限のもののため、医療処置が必要な人は基本的には入所できません。また、入居中に介護が必要となった場合には退去するというのが原則となっています。

軽費老人ホーム・ケアハウスの費用について

軽費老人ホーム・ケアハウスの費用について

軽費老人ホームとケアハウスでは入居にかかる費用が異なってきますので、整理しておきましょう。

入居一時金について

軽費老人ホーム(A・B型)には入居一時金や敷金・礼金はかかりません。ケアハウス(C型)の場合には50万円~400万円というのが相場で施設によって大きく異なります。

月額費用について

A型とC型には給食・食事サービスが付くため、7万円~20万円程度が相場となっています。一方、B型は食事が付かないため、約3~4万円程とA型とC型に比べると月額費用がかなり安くなります。いずれも、世帯収入などによって変わってくるので、事前に問合せてみると良いでしょう。

ケアハウスと軽費老人ホームの将来

ケアハウスと軽費老人ホームの将来

入居一時金や敷金・礼金がかからないという点から、比較的費用を抑えて入居できる軽費老人ホームですが、A型とB型については、サービス付き高齢者住宅など新しいタイプの高齢者施設が急激に増えてきたことにより、新たに建てられる施設は減少傾向にあります。軽費老人ホームでは、C型のケアハウスが主流となってきており、今後もこの傾向は続くことが予想されます。

注目ワード