老人ホーム情報

シニア向け分譲マンション

シニア向け分譲マンションは、マンション全体がバリアフリー化され、緊急時対応などのサービスを持つ高齢者向けマンションのことです。民間事業者によって販売・運営される分譲住宅ですので、「購入」が前提となります。

第二の青春を謳歌するための終の棲家に

第二の青春を謳歌するための終の棲家に

シニア向け分譲マンションは、長寿大国・日本において長い老後生活を生き生きと送るために、高齢者向けに開発された分譲マンションのことです。看護師や介護福祉士などのケアの専門家が常駐していたり、保健室やクリニックを併設していたり、万一の病気やけがに備えて緊急対応などのサービスを提供しているのが特徴です。また、シニア向けマンションとしての機能だけでなく、大浴場やレクリエーション施設、食事サービスを提供するレストラン、家事サービスを行なうところも多く、その設備やサービスは物件によって様々で、購入する場合には比較検討することが重要となります。

多くの分譲マンションでは、単身者はもちろん夫婦でも入居できますが、基本的に介護を必要としない人が対象となります。

有料老人ホームとの違い

有料老人ホームとの違い

近年、有料老人ホームは高級志向の施設が増え、入居費用が数千万円かかるというケースも少なくありません。このため、同じ数千万円かけるのであれば、物件を売却や相続、賃貸できるシニア向け分譲マンションを選ぶ人も増えてきています。老人ホームでは、その当人の一代限りの利用権ということになりますが、シニア向け分譲マンションの場合は、相続や売却も可能な資産として残ります。また、住宅ローンの利用も可能なので一定の収入があるのであれば、ローンを利用して購入することができます。さらに、有料老人ホームのように、年齢制限を設けているところは少なく、壮年世代や熟年世代のうちから、居住可能な物件も多いので、将来の老後に向けて購入しておくということもできます。

ただし、購入価格は、通常の分譲マンションと同様に立地条件や設備によって様々な価格帯がありますが、管理費など付帯費用が通常のマンションよりも高めに設定されています。同じ条件にある一般の分譲マンションと比べて、約1.5~1.8倍程かかると考えておく必要があります。

近年では、ペット同居が可能な物件やテニスコート、フィットネスクラブを併設するコミュニティー・タイプの大型物件なども登場し、分譲における競争倍率も上がる傾向となっています。

注目ワード