老人ホーム情報

老人保健施設

老人保健施設は「介護老人保健施設」、通称「老健(=ろうけん)」と呼ばれる公的な高齢者福祉施設です。老健は病気やけがなどによって寝たきりの場合や、それに近い状態となった高齢者を医療としての立場から介護や機能訓練を行なうことで、身体機能の回復や在宅で日常生活を送れるようにするための施設です。

老人保健施設と特別養護老人ホームの違い

老人保健施設と特別養護老人ホームの違い

老健は、「特別養護老人ホーム(特養)」と同じ介護保険施設のひとつで、サービスなどもよく似ていますが、特養と比べて、より医療サービスの面が充実しています。例えば、介護や看護は医師の医学的な管理によって行なわれ、疾病やけがの状況によって理学療法士や作業療法士によるリハビリテーションも行なわれます。また、在宅での自立と日常生活への復帰を目的としているため、基本的には3ヵ月(長くて半年~1年)で出所することを原則としています。つまり、病気やけがで病院などに入院していた人が退院し、自宅に帰らなければいけないものの、そのままでは日常の生活が難しいといった場合に、一時的に入所して身体の回復と同時に在宅復帰できるようにケアをする保健施設ということになります。そういう意味では「短期間の養老施設」という意味合いが強く、その分、特養に比べて入所しやすいのが現状です。介護におけるサービスは、特養も老健も大きな差はありません。

老人保健施設の入所条件と費用について

老人保健施設の入所条件と費用について

老人保健施設は、特養と同様に「要介護」か否かが入所条件のひとつとなりますので、事前に介護保険への加入と市区町村へ申請を行なう必要があります。

入居条件について

介護保険法による被保険者で、要介護認定を受けている人というのが第一条件となります。また、入院治療の必要がない要介護度1~5の人で、かつリハビリテーションを必要としていることが入居条件となります。

入居費用について

入居一時金は不要ですが、月額利用料が毎月かかってきます。月額利用料とは、家賃、食費、光熱費といった日常生活における費用の他、施設管理費や雑費が含まれることがあります。月額利用料の相場は、個室で13万円程、相部屋で8万円程度と言われています。また、老健では、本人または扶養義務者の世帯収入や納税額、要介護度によって料金が変わり、要介護度が高い程料金は高くなります。また、これに加えて医療費(リハビリ費用を含む)が加算される場合があるなど、個々によって料金が変わるため、事前にケアマネージャーなどに相談してみましょう。

注目ワード