老人ホーム情報

小規模多機能ホーム

小規模多機能ホームは、高齢者が自宅を離れることなく地域に密着した介護サービスを受けられる施設として注目されているサービスです。

住み慣れた家でできるだけ長く暮らしたい人のためのサービス

住み慣れた家でできるだけ長く暮らしたい人のためのサービス

高齢により、介護が必要となると、これまで住んでいた家や地域を離れ、老人ホームなどの養老施設にお世話になることも少なくありません。しかし、できれば長年、住み慣れた地域や自分の家で、家族や知人に世話にならずに、介護サービスを受けたいというのが本音でしょう。そんな要介護者の思いに応えるように登場したのが、小規模多機能ホームです。

小規模多機能ホームは、2006年の介護保険法改正により、現在も増えてきている介護サービスのひとつです。

従来は、地域や自宅に住みながら介護を受けるには、自らが施設に赴いて(または送迎付きで)、リハビリやレクリエーションを行なう「デイサービス」や、ヘルパーステーションが自宅を訪問してくれる「在宅介護」、介護をしていた家族が短期的な事情で高齢者を介護施設に預けて短期宿泊する「ショートステイ・サービス」などを別々に利用するしかありませんでした。しかし、小規模多機能ホームは「通い」、「宿泊」、「訪問」の3つのサービスを1ヵ所で行なうことができるため、高齢者の肉体的、精神的負担を和らげることができます。また、少人数制なので家庭的な雰囲気で過ごせるという点や、24時間サービスなので、緊急時にも安心です。

高齢者にも家族にもメリットのある小規模多機能ホーム

高齢者にも家族にもメリットのある小規模多機能ホーム

長らく住み慣れた日常の生活圏内で介護を受けることは、様々なメリットがあります。

高齢者のメリット

日常生活圏内で暮らすことで生活に不安が少なく、自宅にいるときだけでなく、外に出かけるときにも見知らぬ土地ではないので安心です。また、小規模多機能ホームに通う人はもちろん、スタッフの多くも、高齢者と同じ地域の住人であることが多いため、近い場所に知り合いが増えるという安心感ができます。

家族のメリット

基本的に小規模多機能ホームは24時間年中無休なので、いざというときに頼ることができ、介護による肉体的、精神的疲労が軽減されます。また、いつでも援助を受けられる場所が身近にあるという安心感から、在宅介護への責任感なども生まれやすいと言われています。

今後も注目される小規模多機能ホーム

今後も注目される小規模多機能ホーム

小規模多機能ホームは、誕生からわずか1年間で施設数が1,000ヵ所を超えた注目の介護サービスです。この施設がきっかけとなり、近年、失われつつあるご近所づきあいの復活やコミュニティーの再構築という面でも活性化を促すひとつの拠点になるのではないかと注目されています。

注目ワード