老人ホーム情報

介護保険が適用されるサービス

介護保険が適用される人は要支援度基準・要介護度によって受けられるサービスが異なりますが、実際にどのようなサービスを受けられるのでしょうか。ここでは、介護保険の適用範囲内で受けられるサービスの違いを表にまとめながら紹介します。

要支援・要介護の度合いによって提供されるサービスが異なる

要支援・要介護の度合いによって提供されるサービスが異なる

非該当を含む要支援度・要介護度によって提供されるサービスは異なり、大まかには下記のように分かれます。

要支援1または2

介護保険の「予防給付サービス」が受けられます。予防給付サービスでは、デイサービスやデイケアといった自身または介助を受けて通所し、食事や入浴といった介助を受ける他、リハビリなどのサービスを受けるものです。

要介護1から5

介護保険の「介護給付サービス」を利用することができ、上記の予防給付サービスで受けられる内容の他に、老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどに入居することができます。

非該当と認定された人

また、非該当と認定された人は、基本的に自立可能で健康状態も悪くないと判断されるため、介護保険を利用してサービスを受けることはできません。しかし、介護保険以外のサービス、及び地域支援事業の介護予防事業は利用できる場合もあるので、ケアマネージャーなどに一度相談してみましょう。

また、これを具体的に示すのが、以下の表になります。

要介護度 提供サービス区分 提供サービス区分 サービス・施設
要支援1

要支援2
介護予防サービスが利用できます 自宅で利用する ホームヘルプサービス
(介護予防訪問介護)
介護予防訪問入浴介護
介護予防訪問看護
介護予防訪問リハビリテーション
介護予防居宅療養管理指導
施設に通所する デイサービス(介護予防通所介護)
デイケア(介護予防通所リハビリテーション)
施設に短期間入所する 介護予防短期入所生活介護(特別養護老人ホームなど)
介護予防短期入所療養介護(老人保健施設など)
福祉用具の貸与・購入補助や自宅の改修補助 介護予防福祉用具の貸与
特定福祉用具の購入費支給
住宅改修費の支給
その他 介護予防特定施設入居者生活介護
介護予防支援
要介護1

要介護5
介護サービスが利用でき、在宅サービスか施設サービスかを選択することができます 自宅に住みながら受ける在宅サービス 訪問介護(ホームヘルプサービス)
訪問入浴介護
訪問看護
訪問リハビリテーション
居宅療養管理指導
通所介護(デイサービス)
通所リハビリテーション(デイケア)
短期入所生活介護(ショートステイ)
短期入所療養介護(ショートステイ)
福祉用具の貸与
特定福祉用具の購入費支給
住宅改修費の支給
夜間対応型訪問介護
認知症対応型通所介護(認知症高齢者専用デイサービス)
小規模多機能ホーム介護
認知症高齢者老人グループホーム
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型介護老人福祉施設
特定施設入居者生活介護
居宅介護支援
施設に入居して長期間または終身まで介護を受ける施設サービス 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
老人保健施設(介護老人保健施設)
有料老人ホーム
注目ワード