老人ホーム情報

認知症の種類

認知症はかつて「痴呆(ちほう)」と呼ばれていましたが、高齢者介護が多様化してくると、痴呆にも様々な状態があることが医学的に分かってきました。そのため、2004年に厚生労働省が「認知症」というひとつの病名として扱うようになりました。

認知症は病原など人によって様々な種類がある

認知症は病原など人によって様々な種類がある

認知症は、正常だった脳が老齢や病気などによって、記憶や判断力など一定程度の知能低下が見られた状態(6ヵ月以上)に使用される病名の総称です。そのため、認知症と一口に言っても様々な種類があり、その治療方法なども変わってきます。また、認知症の種類は原因によって大別され、脳内の神経細胞に異常が起きたことで起こる「変性性認知症」、脳梗塞など脳の血管異常が原因で起こる「脳血管性認知症」、脳挫傷や脳腫瘍、脳炎などの病気が原因で起きる「その他の認知症」に分けられます。

変性性認知症

変性性認知症

「変性性認知症」は、認知症と呼ばれる症状の中で最も多いタイプで、主に「アルツハイマー型認知症」、「レビー小体型認知症」、「前頭側頭型認知症(ピック病)」に分けられます。

アルツハイマー型認知症
日本で最も認知症の症例として多いのが、このアルツハイマー型です。アルツハイマーの原因は今のところ不明とされていますが、高齢になると、脳にシミのようなもの(老人斑)ができる人が多く、老人斑がアルツハイマーの原因と見る説が有力とされています。
レビー小体型認知症
脳の大脳皮質の多数の神経細胞内に異常をきたすレビー小体病という病気が原因で起こる認知症で、名前はあまり知られていませんが、日本でも多く症例の見られる症状です。
前頭側頭型認知症(ピック病)
前頭葉と側頭葉が萎縮することで起こる認知症です。人格を司る前頭葉に問題が起きるため、うつ病などと診断される場合もあります。

脳血管性認知症

脳血管性認知症

「脳血管性認知症」は、脳出血や脳梗塞など脳内の血管に異常が起きることで発症する認知症のことを指します。言わば、脳における病気の後遺症のようなものと捉えられており、突発的に起きることのある脳出血によって急激に認知症が始まる場合もあれば、脳梗塞など徐々に血管が詰まることで緩やかに進行する場合もあります。日本では脳梗塞による認知症が70%程占めており、脳梗塞への予防が認知症予防にもつながると考えられています。

その他の認知症

その他の認知症

その他の原因による認知症は以下のようなものがあります。

若年性認知症
65歳未満で認知症と診断される場合に用いられる認知症で、アルツハイマー型と同様に原因が特定できないものも多く、進行が早いのが特徴です。
糖尿病による認知症
近年の研究から糖尿病が血管性認知症やアルツハイマー型認知症の危険因子であることが明らかになってきています。
パーキンソン病による認知症
老齢になることで遺伝子や神経細胞に異常をきたす場合があり、手足の震えや身体機能が著しく低下するパーキンソン病にかかる場合があります。パーキンソン病が進行することで認知症になる場合もあります。
注目ワード