老人ホーム情報

「入居一時金」と「月額利用料」

特別養護老人ホームなどの公的な高齢者福祉施設とは違って、民間の有料老人ホームに入所する場合には、様々な費用がかかってきます。その中でも重要なのが、入居時に必要な「入居一時金」と毎月必要な「月額利用料」です。ここでは、この2つの費用を中心に、入居に必要な費用について解説します。

「入居一時金」はなぜ値段差が大きいの?

「入居一時金」はなぜ値段差が大きいの?

「入居一時金」とは、その施設(居室や共同スペースなど)やサービス(介護サービス、生活支援サービスなど)を生涯にわたって利用できる権利を購入する費用です。「入居一時金」は施設によって異なり、0円から1億円以上の施設もありますが、平均では、約650万円から約1,500万円となっています。「入居一時金」は施設によって償却期間が決められており、償却期間内に途中退却した場合には未償却分が返金されます。

この「入居一時金」が高額な理由は、有料老人ホームの場合、建設費用などにおいて公的補助が一切ないため、この「入居一時金」をもとに建設費や修繕費といった大きな費用をまかなっています。そのため、施設の豪華さや立地条件の良さに比例して費用も高くなります。近年では、入居一時金の一部を月額利用料に含めて支払う「併用方式」も増えてきました。ただし、その分、月額料金が高くなるため、一概にどちらが安いということは言えません。

月額利用料にはどんな費用が含まれる?

月額利用料にはどんな費用が含まれる?

有料老人ホームにおける月額利用料には、家賃、共益費、管理費、食費、水道光熱費などが含まれており、月額利用料(家賃・管理費・食費)の平均では約20万円となっています。また、必要に応じて介護費用を徴収する場合もあります。これらの費用は、「入居一時金」と同様に立地条件や施設の設備の違いなどによって料金が変わってきます。また、有料老人ホームの介護サービスを受ける場合は、介護保険制度を利用することができるので、自己負担額は1割で済みます。ただし、食費の一部や理美容代などの日常生活における費用は全額自己負担となります。

引越費用などのその他の外部費用

引越費用などのその他の外部費用

入居一時金や月額利用料の他に、入居時には引越費用といった外部費用がかかることも忘れてはいけません。介護が必要な状態での引越しは大変なことですが、大手の引越会社では高齢者の引越専門パックやホーム入居専用パックなど、介護が必要な人向けの「高齢者引越サービス」が増えてきています。ホームへの引越しには、家財道具の持込の有無や所有物の量、移動距離(自宅からホームまでの距離)や引越しの時期によって料金は変わりますが、例えば、東京杉並区在住で要介護の人が半径1~2km圏内のホームに引越しをする場合の相場は15万円~25 万円程度となります。

その他の外部費用としては、歩行が難しく外出できない人のために買い物の代行をするなどの「個別契約サービス料」というものが必要になる場合があります。これらは施設やサービス内容によって料金は様々ですが、買い物代行であれば、1回1,500円程度が相場です。

※出展・参考資料
社団法人全国有料老人ホーム協会

「平成24年度 制度改正後の有料老人ホームに関する実態調査及び契約等に関する調査研究 報告書」

注目ワード