老人ホーム情報

「介護保険自己負担金」とは?

国が定める介護保険に加入している被保険者は、施設利用費など介護サービスの費用を介護保険が9割カバーしてくれます。ただし、どんな費用でもカバーしてくれる訳ではないので、介護保険の支給限度額などについて知っておくことが大切です。

支給限度額を知ろう

支給限度額を知ろう

介護保険では、1割分を支払えばどのようなサービスでも受けられる訳ではなく、1ヵ月単位で利用できる「支給限度額」が規定されています。例えば、要介護認定区分によって、1ヵ月支給限度額は以下のように定められています。

要介護度 標準的な支給限度額(月額) 自己負担
要支援1 4,970単位 (53,800円) 利用額の1割
要支援2 10,400単位 (112,600円)
要介護1 16,580単位 (179,500円)
要介護2 19,480単位 (210,900円)
要介護3 26,750単位 (289,700円)
要介護4 30,600単位 (331,300円)
要介護5 35,830単位 (388,000円)

(注) 金額は目安です

「高額介護サービス費支給制度」とは

「高額介護サービス費支給制度」とは

「高額介護サービス費支給制度」とは、公的介護保険を利用して、自己負担1割の合計額が一定の上限額を超えた場合、申請すると「高額介護サービス費」として支給してもらえる制度です。市区町村によって条件や金額は異なり、個人や世帯の所得により上限も異なります。ただし、居住費や食費、生活費などは対象とならないので注意が必要です。

支給される対象となる介護サービス費は以下の通りです。

  • 居宅介護サービス費、及び居宅支援サービス費
  • 特例居宅介護サービス費、及び特例居宅支援サービス費
  • 施設介護サービス費(ただし、食事の提供にかかる費用は除く)
  • 特例施設介護サービス費(ただし、食事の提供にかかる費用は除く)

例)東京都新宿区の高額介護サービス費支給制度(2011年度)

対象者 自己負担上限額
<第一段階>
  • 生活保護受給者
  • 老齢福祉年金受給者(世帯全員が非課税)
15,000円/個人で1ヵ月
<第二段階>
世帯全員が非課税で年金収入が80万円以下の人
15,000円/個人で1ヵ月
<第三段階>
世帯全員が非課税で、第二段階以外の人
24,600円/世帯で1ヵ月
<第四段階>
住民税世帯課税の人
37,200円/世帯で1ヵ月

施設に入所する場合の自己負担費用の目安

施設に入所する場合の自己負担費用の目安

老人ホームなどの施設にかかる自己負担費用としては、介護サービス費用の1割の他、居住費、食費、日常生活費などがあります。また、介護サービス費用は施設の種類、及び要介護度(要支援は含まれない)によって異なるので、入所前に比較してみましょう。ここでは、東京都多摩市における1日の目安の自己負担額を表にしているので参考にしてみましょう。

要介護度 特別養護老人ホーム 老人保健施設 療養病床など 自己負担額
要介護1 6,728円 8,394円 8,319円 介護サービス費用の
1割

食費
居住費
日常生活費等
要介護2 7,465円 8,907円 9,473円
要介護3 8,223円 9,579円 11,961円
要介護4 8,960円 10,146円 13,018円
要介護5 9,686円 10,712円 13,980円

※多床室(相部屋)に入所した場合の、1日当たりの標準的なサービス費用の金額です。

注目ワード