老人ホーム情報

サービス付き高齢者住宅の入居時の費用

「サービス付き高齢者住宅」とは、高齢者が住みなれた地域を離れることなく、専門スタッフが基本的な生活の支援をしたり安否確認したりしてくれる賃貸住宅です。これまで介護と言えば、在宅か施設かの2択だったものを両方の良さを取り入れた施設と言えます。ここでは、サービス付き高齢者住宅に入居する場合に必要な費用について紹介します。

一般型か介護型か

一般型か介護型か

サービス付き高齢者住宅は有料老人ホームと違って、「賃貸借契約」に限定されています。そのため、通常の賃貸住宅と同じような感覚で住むことができ、住宅の登録は都道府県や政令指定都市などの地方自治体が監督をしているため、事業体が変わっても(運営会社が倒産しても)、入居者は安心して住み続けることができるのが特徴です。このようにある程度、公的な指導・監督が行なわれている住宅であるため、民間の有料老人ホームと比べると、入居時にかかる費用もかなり少額で済むという特徴があります。

サービス付き高齢者住宅の場合は、主に自立した人を受け入れる「一般型」と介護が必要な「介護型(特定施設入居者生活介護)」に分けられます。「一般型」では、入居時の初期費用として敷金(保証金と呼ばれる場合もあります)・礼金に加え、月額費用として居住費や食費、その他日常生活費を自己負担します。「介護型」の場合は、初期費用として入居一時金を支払い、入居後に月額費用として介護サービス費と生活費を自己負担します。

保証金・敷金・礼金について

保証金・敷金・礼金について

一般的な賃貸住宅と同様に、「保証金」と「敷金」は同様の意味で、保証金と敷金を同時に支払うということは基本的にありません。サービス付き高齢者住宅においても保証金が必要となる場合がありますが、家賃の滞納や不注意などによって備品を壊してしまった場合や、退去時に居室の修繕など原状回復が必要な場合などに保証金から差し引かれ、残りは返金されるのが通常です。また、礼金とは、賃貸借契約を結ぶ際に借主が大家に対して「お礼」として支払うものですので、返金されることはありません。

注目ワード