老人ホーム情報

資料請求からお引越しまでの流れ

老人ホームや介護施設に入居するには、様々な手続きを必要とする他、入居予定者の要介護度や経済状況、健康状態などをよく考える必要があります。ここでは入居するまでの流れを把握し、どういった手続きが必要なのか、ステップ順に見ていきましょう。

①一人ひとりに合った入居条件を決めよう

①一人ひとりに合った入居条件を決めよう

介護を必要とする人が様々な状況であるのと同様に、要介護者を受け入れる老人ホームや介護施設も種類も様々です。そのため、施設にどのような条件を求めるのかが重要な判断基準となります。例えば、要介護度が高い人であれば終身帰還を基本とした施設、また、要介護度が低い人やある程度自立できる人であれば、まずは短期入居やショートステイなどから始めてみるなど、介護を受ける人の状況によってシミュレーションをしてみましょう。

②資金計画は慎重に

②資金計画は慎重に

介護施設のタイプが決まったら、予算を立てましょう。特に、将来、要介護度が上がる可能性も含めた長期的な資金繰りの見通しを立てておくことが大切です。

③施設探しと資料請求

③施設探しと資料請求

施設の探し方は、雑誌などを購入して探すこともできますが、最も効率の良い探し方はインターネットです。インターネットでの検索では、入居者の希望する地域や条件に合わせて施設を絞り込み、介護施設を比較・検討することができるので、個々の条件に適した施設をより早く見付けることができます。また、そのまま資料請求や見学の申込みもできるので、気になる施設へは一度申込んでみましょう。

④施設見学・体験入居は必ず行なおう

④施設見学・体験入居は必ず行なおう

施設内や入居者の様子を見たり、スタッフに直接質問することができる「施設見学」はとても重要です。また、施設を見学だけでなく、「体験入居」を受け入れている施設もあるので、可能であれば実際に体験入居してみましょう。また、実際にかかる費用やサービス、疑問点などについても、スタッフと直接話をすることで明確になりますので、質問がある場合には事前にチェックリストなどを用意しておくと良いでしょう。

⑤契約

⑤契約

入居する施設が決まったら、申込み、または契約書を施設に提出します。「契約書」や「重要項目説明書」等の内容はすべて読み、すべての条件を確認してから申込むようにしましょう。

⑥引越し・入居

⑥引越し・入居

契約が決まったら、入居のための準備をします。特に重要なのは「引越し」です。入居における持ち込み品なども施設によって制限がある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。また、施設が住民票の管轄区外の場合は、入居や転居に関する市区町村役場への手続きが必要となりますので、忘れないようにしましょう。

注目ワード