老人ホーム情報

入居前には必ず施設見学をしよう

入居施設の候補がいくつかに絞れてきたら、今度は、実際に施設見学や体験入居をしてみましょう。働いている人や入居している方の表情、施設の雰囲気など、見学や体験してみないと分からないことがたくさんあります。また、実際に体感してみることで、入居に対する不安も軽減されます。ここでは、有料老人ホームの見学をする際のポイントを紹介します。

見学の流れ

見学の流れ

有料老人ホームの見学は主に以下のような流れになっています。

1. 事前のチェック

パンフレットやホームページなどを読み、確認すべき事項を事前に調べます。

2. 見学の予約

見学の予約はどの施設でも必須です。客観的な意見も必要なので、ご家族2~3人で見学を予約することをお勧めします。

3. 立地や周辺環境の確認

施設の中だけじゃなく、周辺の環境や町並みなども確認します。

4. 施設内見学

施設内はスタッフが付き添いながら、設備や生活について説明してくれます。疑問点などは担当者に聞けます。

5. 担当者による説明

見学後、担当者から申込みや契約等についての詳細が説明されます。

6. 質疑応答

一連の説明後、再度気になることは質問してすべて解消しておきましょう。

見学時のチェックリストを作りましょう

見学時のチェックリストを作りましょう

老人ホームの見学日が決まったら、その前日までに、チェックしておくべき項目をリスト化しておくと便利です。主なチェック項目は、以下の通りです。

□担当者の説明は分かりやすく、具体的でしたか?

□説明担当者の服装・言葉遣い・態度は良い印象でしたか?

□介護のサービス内容については分かりやすい言葉で説明されていましたか?

□入居金や契約内容の説明は分かりやすく、質問にも明確に答えてくれましたか?

□入居者様に対するスタッフの振る舞いや言葉遣いは適切でしたか?

□施設内は清掃が行き届き、清潔に保たれていましたか?

□入居者様やスタッフは生き生きしていましたか?

□居室や食堂などの設備や備品は、すべて使いやすいようになっていましたか?

□施設の立地や交通手段は不便ではありませんか?

□周辺に薬局やコンビニなど便利な店はありますか?

見学マナーについて

見学マナーについて

見学と言っても見学する人が一方的に見ているだけではありません。施設のスタッフや入居者の方から、見学する人の態度や振る舞いも見られています。「見学者=お客様」ではありませんので、横柄な態度や振る舞いは、その後トラブルにもつながりかねません。見学する前に気を付けたいマナーのポイントを確認しておきましょう。

  1. 飛び込み見学はNG!必ず予約する
  2. スタッフとは挨拶をしましょう
  3. 行き過ぎた希望を主張しない
  4. 許可なく写真や動画を撮影しない
  5. 大勢で訪れない(3人程度で見学)

実際に生活をされている入居者の方や施設のスタッフの方への配慮を忘れず、気持ちの良い見学を心がけましょう。

注目ワード