老人ホーム情報

夫婦部屋のある老人ホーム

日本人は世界で1位2位を競う程の長寿国家です。そのため、高齢になっても夫婦ともに元気で生活されている方が多く、夫婦が一緒に入居できる老人ホームにも人気が集まっています。

夫婦で一緒に入居するメリットとデメリット

夫婦で一緒に入居するメリットとデメリット

夫婦で入居できる高齢者施設には、「夫婦別室」または「夫婦同室」を選べる施設があります。基本的に1人部屋を2人で使用することはできないため、同じ施設内で夫婦別々の部屋に入居する場合や、夫婦同室の居室にこだわって老人ホームを探す人もいます。

夫婦が同室に住む場合には、これまでの生活と変わりなく生活ができるので、安心感があり、個室を2つ分利用するよりもコストが安く済むというメリットがあります。しかし、夫婦が同室(2人部屋)で入居できる施設はまだ少なく、簡易キッチンなどの設備がある分、利用料金が高めに設定されているところが多いのも事実です。また、本来、有料老人ホームに入居するのは介護サービスを受けるためですが、夫婦で同室に入居すると、結果的に夫か妻のどちらかが介護をする「老老介護」の状況になってしまいがちになり、入居した目的が変わってきてしまうというデメリットがあります。

また、夫婦別室で入居する場合、隣同士の部屋を選んだり、隣の部屋と繋がっているタイプの部屋を選ぶこともできますが、老人ホームの多くは要介護度等に応じて居住フロアを分けている施設も多いため、入居時は隣同士でも、夫婦間で要介護度等の差が出てきた場合は、部屋が離れてしまう場合もあります。

このように、夫婦で一緒に入居する場合のメリットやデメリットを含めて、最善の入居スタイルを考えてみましょう。

夫婦で入居できるのはどんな施設?

夫婦で入居できるのはどんな施設?

夫婦同室がある高齢者施設で一番人気が高いのが、「サービス付き高齢者向け住宅」です。サービス付き高齢者向け住宅は、介護福祉士や看護師などの医療や介護の専門家が常駐するマンションのことで、施設が定める入居条件(介護の必要性、または自立できるかなど)に夫婦のどちらかが合致していれば通常のマンションと同じように入居できます。

また、身の回りのことが自分たちでできる場合には、「ケアハウス(軽費老人ホーム)」に夫婦で入居する人も増えています。ただし、ケアハウスでは、基本的に自立した人が対象となっているので、夫婦どちらかが要介護状況となった場合、どうするのか考えておく必要があります。

注目ワード