老人ホーム情報

24時間介護、病院併設の老人ホーム

もし親御さんが「寝たきり」のような状態になった場合、家族にとって介護は体力的、精神的にも大変な負担となります。また、介護だけでなく認知症や生活習慣病などの医療面でも不安がある場合はは、24時間体制で看護してくれる老人ホームを利用するのもひとつの方法です。

「介護」と「看護」は別々に考えて施設を考えるべき?

「介護」と「看護」は別々に考えて施設を考えるべき?

そもそも老人ホームへの入居を考えている人は、健康面において不安がある人がほとんどです。しかし、老人ホームの中でも最も入所希望者の多い特別養護老人ホームでは、常時介護が必要な65歳以上の人というのが入所の条件でありながら、「伝染病などの疾患がない人」、「長期的な入院を必要としない人」など、医療に関するケアについてはほとんど対応されず、恒常的に医療ケアが必要な人は入居が難しいというのが実情です。そのため、医療サポートが必要な人は「老健(介護老人保健施設)」への入所を勧められますが、老健では入所期間が決まっており、長くても1年くらいしか入居することができません。

このように考えると、「介護」と「看護」は別々に考えておかなければいけません。しかし、高齢者にとっては介護と医療は表裏一体でもあります。そこで、看護職員及び介護職員が24時間365日常駐している、「24時間看護サービス」の付いた老人ホームにこだわる人が増えてきています。

夜間も安心の看護サービス

夜間も安心の看護サービス

「24時間看護職員常駐」を特長としている老人ホームは、設備やサービスが高級というところが多く、やや費用は高くなりがちですが、「入居金0円」という老人ホームも最近は増えてきています。「24時間看護サービス」がある老人ホームであれば、夜間の突発的な症状などにも対応してもらえるので、入居している本人やご家族の方にとっても安心できる老人ホームと言えるでしょう。

病院併設の老人ホームも増加中

病院併設の老人ホームも増加中

病院併設タイプの老人ホームは、医療法人が病院に併設する形で老人ホームを設立する場合や、老人ホーム設立時に診療所を併設させるケースがあり、看護サポートが充実しているのが特徴です。このような病院併設タイプの老人ホームは「診療所付き老人ホーム」とも呼ばれ、欧米のホームドクター制度を見習って設立されています。ホームドクターは、かかりつけ医として病状や体調の変化について親切に相談に乗ったり、専門医を紹介したりするため、近年、日本でも注目されつつあります。

注目ワード