老人ホーム情報

ホームヘルパー、行動援護従業者など

要介護者(要支援1~要介護5)のうち、60%以上の人が自宅での介護を希望しているという統計結果があります。しかしながら、在宅介護となると施設のように介護設備も整っていなければ、介護スタッフのように介護の知識や経験もないため、家族が在宅で介護をするのは大変なものです。そこで、在宅介護を行なっている家族の負担を減らし、サポートする人について説明します。

ホームヘルパーの仕事

ホームヘルパーの仕事

「ホームヘルパー」とは、日常生活を送るのが難しい高齢者のために自宅に伺って、入浴や食事、排泄の介助から、清掃や炊飯など家事全般に至るまで様々なお手伝いをする人のことです。他に「訪問介護員」や「ヘルパー」などとも呼ばれています。介護保険法に規定されている「介護サービス事業所」で実務経験をしていないとなれない職業であり、民間資格ではあるものの信頼度の高い職業とされています。

ガイドヘルパーとは

ガイドヘルパーとは

「ガイドヘルパー」は、訪問介護の一環として、体が不自由な人たちの外出を手助けする人のことです。体が不自由な高齢者の人をサポートしながら、買い物や散歩といった外出に同伴したり、通院の手助けをすることが主な業務となっています。外食や旅行に付き添うこともあり、高齢者の自立と積極的な社会参加を促進する仕事でもあります。ホームヘルパーの資格だけではできなかった「視覚障害者」や「全身性障害者」の移動介助も行なえるので、視力がほとんどない高齢者や寝たきりの人を地域包括ケアセンターなどに連れて行くこともできます。

行動援護従業者

行動援護従業者

「行動援護従業者」とは、知的障害や精神障害をもつ人など、日常的な行動において著しい困難がある人に対して、訪問介護を行ない、行動上において危険から身を守るために付き添い援護する人です。例えば、外出の際、あらかじめ目的地や道順について事前に調べ、相手の不安を取り除くなど、行動援護をすることが主な業務になります。また、安全を確保しつつ、患者が問題行動を起こした場合にも適切な行動を取れるように導くという特殊なスキルが要求される資格でもあるので、重度の認知症を患っている高齢者がいる家族にとっては、頼れる存在です。

注目ワード