老人ホーム情報

ケアワーカー(介護福祉士)

「ケアワーカー」とは、1987年に誕生した「社会福祉士及び介護福祉士法」の規定に基づいた国家資格であり、その資格保有している人を指します。別名「介護福祉士」とも呼ばれ、介護福祉分野においては唯一の国家資格です。

ケアワーカーの主な仕事

ケアワーカーの主な仕事

「ケアワーカー(介護福祉士)」の仕事は、主にお年寄りや身体上、または精神上の障がいがある人の日常生活をサポートすることです。食事や排泄、車いすでの移動といった身の回りの世話はもちろん、家事や清掃などの家事の援助まで、日常生活全般にかかわることをサポートする業務範囲の広い職種です。また、要介護者としっかりコミュニケーションを取ったり、話し相手になったりすることで、利用者の精神的なケアも行ないます。

近年では、介護福祉施設が多様化したことに伴い、ケアワーカーのサービスも多岐にわたるようになりました。利用者のライフスタイルは一人ひとり異なり、その人のライフスタイルに合わせた介護サービスを提供することが求められるため、臨機応変に対応できる人が向いていると言われています。

家族へのケアも重要な仕事

家族へのケアも重要な仕事

介護福祉士が行なう仕事は、要介護者の日常生活のサポートをするだけではありません。実は意外に重要なのが、家族への援助です。介護を受けているお年寄りの中には経済的に困っている人もいれば、家族との仲が良くない人もいます。こうした諸問題に対して、介護福祉士は「適切な介護を遂行する」という観点から、家族が抱える問題や本人が抱える問題についても真摯に聞き、問題解決へと導き、適切なサービスの提供を行なえるようにしていく役割も担っています。

ホームヘルパーとの違い

ホームヘルパーとの違い

「ケアワーカー」は、ホームヘルパーと同様に要介護者の自宅を訪問し、介護サービスを提供しますが、ホームヘルパーは「訪問介護員」とも呼ばれるように、自宅または老人ホームなどに訪問して介護サービスを行なうのに対し、ケアワーカーは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所など常駐している場合もあります。

また、ホームヘルパーは「民間資格」であるのに対し、ケアワーカーは「国家資格」という点でも異なります。そのため、ケアワーカーは、言わば「介護におけるプロフェッショナル」とも言えます。

注目ワード