老人ホーム情報

ソーシャルワーカー

「ソーシャルワーカー」とは、言わゆる「社会福祉士」と「精神保健福祉士」という国家資格を2つ持つ社会福祉専門職の総称です。日常生活を送るのに困難を抱えている人の相談にのったり、助言や指導を行なうのが主な業務となっています。

社会福祉士と精神保健福祉士

社会福祉士と精神保健福祉士

「ソーシャルワーカー」は、医療、高齢者、児童、身体障害者などの社会福祉全分野を担う「社会福祉士」と、精神障害者の保健・福祉分野に特化した「精神保健福祉士」の2つに分かれます。介護では、一般的に社会福祉士のことを「ソーシャルワーカー」と呼んでいます。

社会福祉士・生活相談員の仕事内容

社会福祉士・生活相談員の仕事内容

高齢者福祉施設や障害者福祉施設などで、地域住民の相談窓口となる社会福祉士の業務内容は非常に幅広く、特に福祉施設で働く社会福祉士のことを「生活相談員」と呼びます。

生活相談員は、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの老人福祉施設で入居者が快適に暮らせるように、本人や家族の相談に耳を傾けながら援助計画を立てたり、入所手続きをサポートしたりします。

また、身体障害者施設や知的障害者施設に入所している高齢者に対して生活援助を行ないながら、自立のための訓練や指導をする生活相談員もいます。

どちらのケースも、施設のスタッフや福祉事務所といった関連機関との連絡や調整、場合によっては、介護の仕事もこなさなければならないこともあり、業務範囲は施設によって変わってきます。

いろいろな呼び方のある「ソーシャルワーカー」

いろいろな呼び方のある「ソーシャルワーカー」

「ソーシャルワーカー」には様々な呼び方があり、ケースバイケースで呼び方が変わります。そこで、主に介護の場面で呼ばれているソーシャルワーカーの名称を紹介します。

作業相談員
身体に障害がある人を援助する社会福祉士です。身体障害福祉施設や知的障害者福祉ホームなどに従事しています。
査察指導員(スーパーバイザー)
査察指導員は、「スーパーバイザー」とも呼ばれており、貧困や高齢により生活難となった方に助言を行なう「ケースワーカー」よりも専門的な助言を行なう他、指導訓練、業務の進行管理・職員管理などを行ないます。
コミュニティーワーカー
都道府県や市区町村の社会福祉協議会に在職するソーシャルワーカーのことです。地域住民の介護ボランティアを募ったり、地域包括ケアセンターなどと連携しながら高齢化社会における地域の在り方について、住民同士が暮らしやすくなるような環境を作ることに従事しています。
注目ワード