老人ホーム情報

介護事務管理士・ケアクラーク

介護に関する資格も種類が多く、中には違いが分かりにくい資格もあります。そのうち、介護の資格でよく似ているのが「介護事務管理士」と「ケアクラーク」です。どちらも介護事務の資格ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

介護事務管理士とケアクラークの違いとは

介護事務管理士とケアクラークの違いとは

「介護事務管理士」、「ケアクラーク」ともに「介護事務」の資格ですが、民間資格で認定団体が異なることから、異なる名称が付けられています。

資格内容はどちらも一緒で、老人ホームやデイサービスセンターなどの高齢者施設において「介護報酬請求」などの介護事務を行なうための資格です。

介護事務のスペシャリストとして、介護報酬の請求業務を中心に、ケアマネージャーの補佐なども行ない、事業所によっては窓口の対応を行なう場合もあります。実際に介護サービスを施す訳ではありませんが、要介護者などと接遇の機会も多いので、一般的な事務職に比べ、ホスピタリティー精神が求められる職種です。

介護事務管理士になるには

介護事務管理士になるには

介護事務管理士となるための技能認定試験は「技能認定振興協会」が認定しています。学科試験では介護報酬請求に関する知識と技能が問われ、関連法規の知識や介護報酬計算ができなければ試験を合格することはできません。また、実技試験では、レセプト(介護給付費明細書)点検と、レセプトを作成する技能について試されます。ケアクラークの試験に比べ、実技に重点が置かれていると言われています。

ケアクラークになるには

ケアクラークになるには

「ケアクラーク技能認定試験」は、「一般財団法人 日本医療教育財団」が実施しています。試験は介護事務管理士と同様に学科と実技で構成されていますが、ケアクラークの場合、筆記試験では介護報酬請求事務の他に、介護事務職として必要なコミュニケーション能力や社会福祉、リハビリや医学に関する内容が出題され、より幅広い知識が必要となります。実技試験では、介護事務管理士と同様、レセプト作成の技能について試されます。

注目ワード