老人ホーム情報

介護保険事務士

介護保険制度により、自己負担は1割で介護サービスを受けられますが、この制度を利用するには介護報酬請求が必要です。この請求を行なってくれるのが「介護保険事務士」です。

介護報酬請求の仕組み

介護報酬請求の仕組み

一般的に介護保険請求と呼ばれている「介護報酬請求」は、介護事務の中で最も重要な業務です。介護保険制度に基づいて介護サービスを提供する事業所は、サービスの対価として、介護サービスの利用者(要介護者)から1割を自己負担として費用を支払ってもらい、残りの9割は市区町村に請求します。この仕事を「介護報酬請求業務」と言います。市区町村に請求する明細書は「レセプト」と呼ばれ、サービスの単位数や保険番号、生年月日などを正確に記入し、かつ毎月10日という締め切りを絶対に守らないと支払われません。事業者にとっては9割の売上がかかっていますので、大変重要な仕事です。この重要な業務を行なうのが「介護保険事務士」です。

介護保険事務士の役割

介護保険事務士の役割

「介護保険事務士(上級)」は「一般財団法人つしま医療福祉研究財団」が認定しており、介護保険制度に精通した介護給付費請求事務、及び給付管理事務のエキスパートであることを認定する資格です。介護サービス事業所や老人ホームなどの施設管理者、サービス提供責任者、ケアマネージャーといった介護における上級クラスの職種の人にも役立つ資格として知られており、介護職を目指す人の中には「介護保険事務士」も合わせて取得する人もいます。

介護報酬請求以外にも、新しく介護保険を利用する人に対しての受付や手続きの他、要介護認定の申請手続きのサポート、介護保険の受給資格の確認、ケアマネージャーの事務作業におけるサポートなど、様々な業務を担っています。

介護事務は、現場の介護職の人たちがスムーズに仕事ができるようにサポートする仕事で、今後も需要の増加が期待されている仕事です。中には、介護事務のエキスパートとして独立する人もいるなど、介護の仕事の中では将来の選択肢が広がりやすい仕事だといわれています。また、ケアワーカーなどの資格を持ち、介護士と介護事務を兼任している人も多くいます。

注目ワード