老人ホーム情報

介護サポーター

「介護サポーター」とは、高齢化社会に向けてより住みやすい地域を目指し、都道府県や市区町村などの自治体を中心に、介護が必要な人を元気な高齢者が支えるために活動する、有償またはボランティアのことを言います。ここでは、介護サポーターについて解説します。

介護予防の重要性

介護予防の重要性

これからますます高齢化社会が進むことを見据え、厚生労働省は各自治体に対して「介護予防事業」を推進しています。介護予防は、単に運動機能や健康状態の改善を目指すだけではなく、高齢者が可能な限り自立して生活できるような地域づくりが重要だとしています。これまでは、地域や自治体が中心となって介護予防プログラムを作っても、参加率が伸び悩むといった課題がありましたが、近所の人が参加を呼びかけるなど、高齢者が気軽に参加できるような環境づくりを地域包括支援センターが中心となって行ない、元気な高齢者による「介護予防サポーター」の育成を進めています。

地域によって特色のある介護サポーター

地域によって特色のある介護サポーター

介護サポーターは、地域によってその役割や呼び方は異なり、「介護予防サポーター」や「介護支援サポーター」、「生活・介護支援サポーター」などと呼ばれています。例えば、千葉県柏市では、高齢者が地域福祉活動を通じて社会参加や地域貢献を行なうことで、高齢者自らの介護予防にもなるという「介護支援サポーター」という制度を設けています。福祉活動を行ないたいと考える高齢者がボランティアとして市に登録し、介護保険施設などで有償のボランティア活動などを行なえる制度です。また、三重県松阪市では「介護予防いきいきサポーター」と称して養成講座を行ない、介護予防、及び健康づくりについて学び、地域包括支援センターが行なっている介護予防教室のサポーターとして活動の大切さを伝えていく仕組みを作っています。また、東京都清瀬市では、介護サポーターとしての活動状況に応じてポイントが与えられ、ポイントを金銭に換えることのできる有償制度を設けています。

介護サポーターを目指すことが介護予防に

介護サポーターを目指すことが介護予防に

介護サポーター制度は、各地域の高齢者が自ら率先して社会活動に参加することで、自らの介護予防にも繋がる他、要介護状態となったとしても自ら率先してリハビリや介護保険施設を気軽に利用できるようになるという効果があります。

また、高齢者が元気に社会活動を行なうことで地域が活性化するため、可能な限り自立した生活を送れるような地域づくりができると厚生労働省は期待しています。

注目ワード