老人ホーム情報

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

介護は、日常生活をサポートすると同時に、日常生活を送れるように自立を促すという目的もあります。こうした要介護者の自立を手助けするのが、「理学療法士」、「作業療法士」、「言語聴覚士」です。ここでは、それぞれの仕事内容について解説します。

身体の動きに関するエキスパート「理学療法士」

身体の動きに関するエキスパート「理学療法士」

「理学療法」とは、身体の機能回復・維持を目的に身体と心の両面から働きかける療法のひとつです。「理学療法士」はそのエキスパートで、いわゆる「リハビリ」を通して、病気やけがの回復を促し、自立した日常生活を送れるようにする役割を担っています。歩行や起立などの基本的動作の改善、体操や身体機能の改善などの最適な治療プラグラムを作成し、治療に挑みます。また、痛みや麻痺を緩和するために、温熱や電気を利用した治療を行ないます。こうした治療を通して自立支援や生活支援、健康増進を促す他に、高齢者のための介護予防にも役立つ運動療法なども行ないます。

こころの治療も行なう「作業療法士」

こころの治療も行なう「作業療法士」

「作業療法士」は、リハビリテーション医療において中心的な存在で、理学療法士が「運動機能」をメインで治療するのに対し、作業療法士は、理学療法士が行なう治療に加え、躁うつ病や認知症などに対応する「こころの治療」も行なうため、治療の範囲は非常に広範囲にわたります。「日常生活活動(ADL)」ができるようになるための治療や援助を行なう作業療法士は、具体的には趣味、嗜好などを考慮しながら目標を設定し、園芸、手芸、陶芸といった作業活動を通して社会的適応能力や応用動作能力の回復を進めていきます。また、老齢によって生きがいを失っている人に対して、より前向きに生きていけるように心理的、社会的な面から指導や援助を行ない、日常生活の充実を図っていくといった重要な役割を担っています。

言葉・食事に関するリハビリのプロ「言語聴覚士」

言葉・食事に関するリハビリのプロ「言語聴覚士」

「言語聴覚士」と聞くと言語や聴覚の専門家と考えられがちですが、病気の後遺症や老齢などによって言葉が上手く話せない、耳が遠いといったコミュニケーションに問題を抱えた方だけでなく、食べたり飲んだりといった食事に関することで困難を抱えている方に対してもリハビリを行なうスペシャリストです。例えば、嚥下障害がある場合は、障害の程度に応じて、口を開ける、物を噛む、飲み込むといった練習を促し、適切な食事内容や食事方法の指導なども行ないます。また、聴覚障害や耳が遠いお年寄りの人に対しては、補聴器や点字器など用いて練習をしたり、人工内耳や補聴器といった補助器の使用方法について指導するのも言語聴覚士の役割です。

注目ワード