老人ホーム情報

福祉住環境コーディネーター

在宅介護を受けているお年寄りにとって、一番長く時間を過ごす住まいの環境はとても重要です。高齢者や障害者に住みやすい住環境を提案(コーディネイト)して、自立した生活を促し、介護をサポートしているのが「福祉住環境コーディネーター」です。

「福祉住環境コーディネーター」とは

「福祉住環境コーディネーター」とは

「福祉住環境コーディネーター」は、「福祉住環境コーディネーター協会」が認定する民間資格です。高齢者や障害者に対し、できるだけ自立できる生活環境を提案し、高齢者が安全かつ快適に暮らせるようにする住まいのアドバイザーです。1級~3級に分かれていて、実際に就職するためには2級以上の資格を求められると言われています。

福祉住環境コーディネーターが誕生した経緯

福祉住環境コーディネーターが誕生した経緯

福祉住環境コーディネーターは、1999年に東京商工会議所がスタートさせた民間資格です。従来は「住環境の整備」を行なうにも、建築なら建築家、医療なら医師と、個々の専門家に聞かなければいけませんでした。しかし、社会の高齢化が進んでくると、高齢者にとって暮らしやすい住環境を整えるためには、「建築」、「医療」、「介護福祉」の総合的な観点から住環境の提案をし、ケアマネージャーや建築士などと仲介する役を一手に担える人が必要となってきました。そこで登場したのが「福祉住環境コーディネーター」です。2000年に介護保険制度が導入され、高齢者住宅の改修費が一部保険でまかなえるようになったことも後押しとなり、「福祉住環境コーディネーター」の存在が次第に注目されるようになりました。

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの有資格者は、医療、福祉、建築の各分野において総合的な幅広い知識を持っています。この知識をもとに、社会福祉士、ケアマネージャー、建築士といった各種の専門家と連携をとりながら、バリアフリー住宅の新築、またはリフォームについて相談や指示をしたり、福祉用具・介護機器のコーディネイト、さらに福祉用具の利用法を利用者の方にアドバイスします。また、住宅改修費の助成を受けるために介護保険制度で義務付けられている「理由書」の作成は、ケアマネージャー、作業療法士の他に、福祉住環境コーディネーター(2級以上)が行なうことができます。福祉住環境コーディネーターの有資格者の中には、ホームヘルパーやケアマネージャーの資格を持っている人も多いため、住宅をどのようにリフォームすれば在宅介護がスムーズになるか、介護の観点からアドバイスを受けられることもあります。

注目ワード