老人ホーム情報

老人ホームに年齢制限はありますか?

老人ホームなどの介護施設には様々な入居条件があります。ここでは年齢などの入居条件について解説します。

老人ホームの年齢制限について

老人ホームの年齢制限について

多くの老人ホームでは年齢制限を設けていますが、公的施設と民間施設では多少異なっています。公的施設には、「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」、「老人介護支援センター」や「軽費老人ホーム(ケアハウス)」などの施設がありますが、いずれも「65歳以上」という年齢制限が設けられています。これは介護保険制度の第1号被保険者となるのが65歳からというのが理由です。例外として、特定疾患などによって要介護認定を受ければ、64歳以下の人(ただし40歳以上)でも入居することが可能となっています。

民間施設も介護保険制度の都合上、65歳以上という年齢制限を設けているところが多いですが、夫婦で入居できる施設やサービス付き高齢者向け住宅などは、「60歳以上」で入居できる施設もあり、公的な老人ホームに比べるとやや年齢制限の条件が緩和されています。

入居できない場合の条件とは?

入居できない場合の条件とは?

高齢者向けの施設は、施設によって入居条件が異なります。例えば、「特別養護老人ホーム」や「介護老人保健施設」などの公的施設では、原則、要介護度1以上の人が入居対象となっており、元気な人は入所できません。一方、民間施設は要介護認定をされていない人でも入居できる施設が多く、元気な人も入居できます。ただし、実際のところ健康な人が高齢者施設を利用することは少ないため、要支援・要介護の認定を受けている人の利用が多くなっています。

また、老人ホームでは、感染症や常時医療的なケアが必要な人は入所できなかったり、認知症などの持病を持っている高齢者の場合は、共同生活において困難をきたす場合や重度の認知症の場合には入居できないことがあります。

注目ワード