老人ホーム情報

家族の面会・宿泊と入居者の外出、外泊

民間施設に入居する高齢者の中には、在宅介護が困難となり、やむをえず老人ホームなどの介護施設に入居する人もいます。在宅介護を希望していた人にとっては、家族の面会や外出の可否はとても重要な入居条件になります。こうした面会や外出についてはどのような決まりがあるのでしょうか。

家族の面会・宿泊について

家族の面会・宿泊について

多くの老人ホームでは、基本的な面会時間を定めており、面会に訪れるときには事前に連絡することがマナーとなっています。中には、24時間いつでも訪問しても良いという施設もあります。施設で決められたルールとマナーを守れば、原則面会の頻度に制限を設けているところはほとんどありません。ただし、食事や排泄、入浴といった介助を受けている時間帯など、職員の業務に支障が出る時間帯は、できれば避けたほうが良いでしょう。

また、家族の宿泊については、入居者と家族が同じ部屋で宿泊ができる施設もあれば、家族用の宿泊部屋を持つ施設、家族の宿泊施設を原則的に認めていない施設など、施設ごとにルールが異なるので、契約前に確認しておきましょう。一般的には、家族の宿泊を認めている施設はあまり多くありません。理由としては、家族が宿泊していれば入居者が安心できるというメリットがある反面、逆に、家族にいつまでもいてほしい、家に帰りたいなどという気持ちも生まれてしまう可能性もあるため、宿泊の頻度などについては、ケアマネージャーに一度相談してみましょう。

入居者の外出・外泊について

入居者の外出・外泊について

入居者の外出や外泊については、施設または入居者の健康状態によってルールが異なってきます。例えば、要介護度1以上の人が特別養護老人ホームに入所されている場合は、一人での外出許可が下りないことがほとんどです。仮に許可が出てもその行動範囲は限定的です。介護付き有料老人ホームの場合には、特別養護老人ホームと同様に付添い人が必要となります。それ以外の老人ホームでは、介護が必要でない人ならば外出・外泊は自由という施設がほとんどで、外出届・外泊届をきちんと提出し、門限を守れば問題はないと言えるでしょう。

注目ワード