老人ホーム情報

看取りまで対応してくれますか?

老人ホームでは、「看取り介護」に対応している施設もあります。「看取り介護」とは、一体どんなことをしてもらえるのでしょうか。

看取り介護の考え方について

看取り介護の考え方について

「看取り介護」とは、「終末期ケア」とも呼ばれ、近い将来亡くなられることが予見されるお年寄りに対して、身体的・精神的苦痛から緩和し、最期まで尊厳を保てるように援助を行なう介護のことです。

高齢者介護施設では「看取り介護」を特別な介護と位置付けるのではなく、あくまで日常生活の延長線上にあるものとして扱っています。老人ホームは病院ではないため、看護師が常駐している施設であっても治療には限界があり、病状などが悪化すれば病院に搬送されます。入居者の方から"最期のその瞬間は慣れ親しんだホームで"と希望があったとしてもそれにかなわないケースも多く、「看取り介護」は"限界までお世話をすること"という認識を持っておきましょう。

また、「亡くなるまで責任を持って看取り介護をまっとうする」という有料老人ホームもありますが、本人・家族・病院・施設の間で延命治療は行なわないという同意がある場合に限られます。

看取り介護におけるサポートにはどのようなものがあるの?

看取り介護におけるサポートにはどのようなものがあるの?

「看取り介護」は、主に介護付き有料老人ホームや特別養護老人ホームなど、要介護度の高い人を受け入れている施設で行なわれているサポートですが、どの時点から「終末期」とするのか判断しにくいため、現状ではまだ明確な定義はありませんが、主に行なわれている看取り看護の支援内容について紹介します。

ボディケア
バイタルサイン(いわゆるお迎えの兆候)の確認や環境の整備の他、安寧のための適切なケア(水分補給、排泄など)、身体的苦痛の緩和
メンタルケア
コミュニケーションを図るなど、不安や恐怖の緩和、プライバシーに関する配慮
看護サポート
医師の指導に基づき、必要な点滴や酸素吸入などの看護処置
家族への支援
家族の身体的・精神的負担の軽減や不安などを緩和するための環境づくり。死後のサポートなど

以上が、主な看取り看護の支援内容になります。「看取り介護」となる時期については、医学的な知見から回復する見込みがないと判断されたときに、医師からご家族に説明され、その際、看取り介護の必要性についても説明をされます。その後、施設によって看取り介護に関する計画が作成され、同意を得た上で看取り介護が実施されます。

注目ワード